HOME>記事一覧>遺品の物量が多いときやお焚き上げをしたいときは業者へ依頼しましょう

故人宅の荷物の物量が多い場合

椅子

亡くなった人の家が広い場合や荷物の物量が多過ぎるときは、素人で片づけをするのはなかなか大変なものです。荷物の所持本人であっても何がどこにあるのか忘れてしまうのに、本人が亡くなっているとなると尚更荷物の整理片づけは手間がかかります。山のような荷物は必要な物と捨てる物を分けるだけでも時間がかかってしまうでしょう。家具などの大きな物は、運ぶだけでも力仕事です。目の前の山積みになった荷物に手の施しようがないと感じたときは、ためらわずに遺品整理業者に依頼するのが堅実です。

家の引き払い時期が迫っているとき

ダンボール

故人宅が賃貸であると、いつまでも借りていると家賃ばかりがかかってしまいます。大家さん側に、いつまでに引き払って欲しいと言われることもあるでしょう。賃貸物件の場合はできるだけ早く遺品整理を完了して、綺麗な状態で家を引き払わなければなりません。とは言え遺族だけで片付けても時間がかかってしまいます。このように引き払い期限のある故人宅の場合は、遺品整理業者を活用すると迅速に片付いて安心です。

処分したい不燃ごみが多い場合

ダンボール

遺品整理をしていくうちに、燃えない不用品がたくさん出てくることでしょう。家具類や電化製品、食器や骨とう品などは一般ゴミの日には出せないケースが多いです。燃えない処分品に関しては、市に引き取ってもらったり廃品回収に出したりする方法もありますが、費用がかかってしまいます。遺品整理業者を活用すれば、査定の上買取してもらえる可能性もありますし片付けもしてくれるので一石二鳥です。

広告募集中